恩智越え【天川道(谷道)】ルートの詳細

2021年1月14日

恩智越バリエーションルートの詳細
恩智越え【天川道(谷道)】ルートの詳細(高安山)
標高:355m 距離:約 1.7km
 

 恩智越え 旧ハイキングコース(谷道):【天川道(谷道)】

 恩智越の 旧ハイキングコース(谷道)は天川道と呼ばれ、恩智神社の裏手(東側)を直線的に登っていくルートで、幅は狭く急峻な登りで、登りはきつく、下りはスリップが怖い。

 
総池(そいけ)の横の遊歩道を行く
恩智越え【天川道(谷道)】は、総池(そいけ)の横から登って行く。
 

1. 恩智越えルートのバリエーション

恩智越えルートには、本線の「恩智新道」以外にも4つのルートがある。
恩智越えのルートには、【恩智新道】と呼ばれる本線(赤色のルート)以外に、4つの【代替裏ルート】と【ショートカット】ルートがある
 
恩智越え-5つのルート。
恩智新道:恩智神社の北側を緩やかに登っていくルートで、幅も広くてよく整備されている。
恩智信貴道:本線の「あずまや」の先にある「高安山」と書かれた道標に沿って登るルート。
天川道:恩智神社の参道の南側を進んで、神社の裏にある総池(そいけ)の横から登るルート。
尾根道:総池(そいけ)の奥から登るルート。
立原道:感応院の東側から登るルート。
 
「恩智越え【天川道(谷道)(青色)】ルート」は、「恩智神社に登る階段」の横から「恩智峠」まで、本線ルートの南側を登る代替(旧道)ルートである。
 
「恩智越え【天川道(谷道)】ルート」は、道は狭いが状態は良好。しかし、本線ルートとは比較にならないほど傾斜がきつく、休憩ポイントは一箇所もない。

以下、「恩智越え【天川道(谷道)】= 旧ハイキングコース(谷道)」の詳細を記録。

 
 

2. 恩智神社入り口の石段横~恩智峠までの詳細

スタート地点の「恩智神社入り口の石段」横。右側の道を行く。
スタート地点の「恩智神社入り口の石段」横。右側の道を行く
 
恩智神社の横辺り。
恩智神社の横辺り
 
恩智神社の下から、左手に登る。
恩智神社の下から、左手に登る
 
登り始めの様子。
登り始めの様子
 
広い階段の道になる。
広い階段の道になる
 
階段を登りきったところを、右に行く。
階段を登りきったところを、右に行く
 
総池(そいけ)に出る。
総池(そいけ)に出る
 
総池(そいけ)の様子。
総池(そいけ)の様子
 
総池(そいけ)の横に、通報ポイント看板「おんじごえ4」がある。
総池(そいけ)の横に、通報ポイント看板「おんじごえ4」がある
 
総池(そいけ)の横の遊歩道を行く。
総池(そいけ)の横の遊歩道を行く
 
遊歩道の様子。
遊歩道の様子
 
遊歩道から、振り返ってみた総池(そいけ)。
遊歩道から、振り返ってみた総池(そいけ)
 
総池(そいけ)を過ぎると、山道に入る。
総池(そいけ)を過ぎると、山道に入る
 
やがて、杉林になる。
やがて、杉林になる
 
道も路肩も整備されている。
道も路肩も整備されている
 
杉の丸太で橋が作られ、歩きやすくなっている。
杉の丸太で橋が作られ、歩きやすくなっている
 
倒木の杉の木を路肩に並べ、歩道が補強されている。
倒木の杉の木を路肩に並べ、歩道が補強されている
 
杉の倒木が多数あるが、このように柱で持ち上げられており、通行が容易になっている。
杉の倒木が多数あるが、このように柱で持ち上げられており、通行が容易になっている
 
道は、渓流に沿って進む。
道は、渓流に沿って進む
 
倒木が多い。
倒木が多い
 
渓流沿いが続く。
渓流沿いが続く
 
コンクリートの橋を渡る。
コンクリートの橋を渡る
 
渓流の様子。水量は殆んど無い。
渓流の様子
 
倒木が覆い被さっている。
倒木が覆い被さっている
 
杉の木が無くなり、笹の道になる。
杉の木が無くなり、笹の道になる
 
やがて、間伐された杉林になる。
やがて、間伐された杉林になる
 
杉林を抜けると、尾根伝いの道になる。
杉林を抜けると、尾根伝いの道になる
 
この辺りから、傾斜が一気にきつくなる。
この辺りから、傾斜が一気にきつくなる
 
道は、岩の上を歩く状態に変わる。
道は、岩の上を歩く状態に変わる
 
写真では判りにくいが、傾斜がきつい。
写真では判りにくいが、傾斜がきつい
 
この辺りは、何かに掴まって登りたい状態になる。
この辺りは、何かに掴まって登りたい状態になる
 
大きな岩がむき出しになっている、岩場がある。
大きな岩がむき出しになっている、岩場がある
 
岩場を越えると、傾斜が少し緩やかになる。
岩場を越えると、傾斜が少し緩やかになる
 
尾根のような道になる。
尾根のような道になる
 
少し余裕が出てきて、あたりを見まわしてみるが、微かに下界が見えるにとどまる。
少し余裕が出てきて、あたりを見まわしてみるが、微かに下界が見えるにとどまる
 
少し下ってゆく道になった。
少し下ってゆく道になった
 
左側は、谷底になっている。
左側は、谷底になっている
 
分岐点に出る。右に行くと、「ぶどう坂」の変電所前方面に出る。
分岐点に出る
 
「近畿自然歩道」の道標の下に、小さく【← 天川道 惣池へ】と書かれている。
「近畿自然歩道」の道標の下に、小さく【← 天川道 惣池へ】と書かれている
 
この分岐を、左方面に進む。
この分岐を、左方面に進む
 
程なく、本線への合流地点が見えてくる。
程なく、本線への合流地点が見えてくる
 
恩智越えルート【本線】との合流地点に到着。
恩智越えルート【本線】との合流地点に到着
 
 
「恩智越え【天川道(谷道)】= 旧ハイキングコース(谷道)」。
道は、狭いが、状態は良好。しかし、本線ルートとは比較にならないほど傾斜がきつく、岩場をよじ登る感がある。また、休憩ポイントやビューポイントは、一箇所もない。
 
 
参考:恩智越え【恩智信貴道】ルートの詳細。
 
参考:恩智越えルート【恩智新道】の詳細。
 
参考:恩智越え【尾根道】ルートの詳細。
 
 

以上。
(2020.12.10)