生駒縦走歩道:恩智峠~高尾山 区間の詳細

2021年1月16日

生駒縦走歩道の詳細
恩智峠から高尾山 区間の詳細
恩智峠 = 標高:355m 距離:約 2.3km
 

 高尾山へのルート

 高尾山へは、「高尾山創造の森」のハイキングコースを利用して登るルートがいくつかあるが、恩智越えのコースの恩智峠からぶどう坂に出て、変電所前を通って高尾山の頂上に至る、北から南に下るルートもある。

 
ガードレールの上側には「↑高尾山ショートカット ただし ヤブコギ あり」と書かれたガムテープが張られている
「市道大県信貴線(関電道)」から高尾山のへの入り口には、
「↑高尾山ショートカット ただし ヤブコギ あり」と書かれたガムテープが、ガードレールの上側に張られている。
 

1. 生駒縦走歩道における位置づけ

「生駒縦走歩道 南部」の一番南のルートで、これより南は、一般道を歩いて「JR 高井田駅」に至る。
生駒縦走歩道 南部
 
恩智峠から高尾山へのルート。
恩智峠からのルート
 
以下、「恩智峠から高尾山へのルート」の詳細を記録。
 
 

2. 恩智峠~市道大県信貴線(関電道)までの詳細

恩智越えコースの恩智峠からスタート。
 
「近畿自然歩道」の看板に従って、市道大県信貴線:通称「ぶどう坂」:JR高井田駅方面に向かう。
「近畿自然歩道」の看板に従って、市道大県信貴線:通称「ぶどう坂」:JR高井田駅方面に向かう
 
歩き始めると、下界が見える。
歩き始めると、下界が見える
 
道は踏み固められており、安心して歩ける。
道は踏み固められており、安心して歩ける
 
すぐに天川道との分岐に出るので、ここを左折する。
すぐに天川道との分岐に出るので、ここを左折する
 
緩い登りになる。
緩い登りになる
 
障害物は何もなく、歩きやすい道。
障害物は何もなく、歩きやすい道
 
何かの設備の横を通る。
何かの設備の横を通る
 
歩きやすい道が続く。
歩きやすい道が続く
 
この辺りから、左下に「市道大県信貴線(関電道)」が見えてくる。
この辺りから、左下に「市道大県信貴線(関電道)」が見えてくる
 
関電道と並行に歩く。
関電道と並行に歩く
 
鉄塔広場がある。
鉄塔広場がある
 
鉄塔広場に寄ってみる。
鉄塔広場に寄ってみる
 
鉄塔広場の右を進む。
鉄塔広場の右を進む
 
大きな杉の木が、何本も切られている。
大きな杉の木が、何本も切られている
 
切られた杉の木が、無造作に積み重ねられている。
切られた杉の木が、無造作に積み重ねられている
 
笹が刈られ、整備されている。
笹が刈られ、整備されている
 
やがて、「市道大県信貴線(関電道)」に出る。
やがて、「市道大県信貴線(関電道)」に出る
 
出口の様子。ここは、尾根道との合流地点にもなっている。
出口の様子。ここは、尾根道との合流地点にもなっている
 
下の標識には、「← 高尾山、堅下、JR柏原」と記されている。
下の標識には、「← 高尾山、堅下、JR柏原」と記されている
 
「市道大県信貴線(関電道)」に出る『門』。
「市道大県信貴線(関電道)」に出る『門』
 
『門』の右側には、「→ 高尾山」と書かれている。
『門』の右側には、「→ 高尾山」と書かれている
 
左に、「近畿自然歩道」の案内板がある。
左に、「近畿自然歩道」の案内板がある
 
 

3. 市道大県信貴線(関電道)~高尾山ショートカットまでの詳細

車道から振り返って見る、関電道から高安山への分岐の様子。
車道から振り返って見る、関電道から高安山への分岐の様子
 
ここからは、車道を歩く。
ここからは、車道を歩く
 
ぶどう坂を愉しむヒルクライマーが多い。
ぶどう坂を愉しむヒルクライマーが多い
 
左に「関西電力信貴変電所」が見えてくる。
左に「関西電力信貴変電所」が見えてくる
 
ここから、送電線が麓の向って延びている。
ここから、送電線が麓の向って延びている
 
変電所の向かいに、休憩所がある。
変電所の向かいに、休憩所がある
 
変電所前には、ローディが集まっていた。
変電所前には、ローディが集まっていた
 
車道をさらに下る。
車道をさらに下る
 
ヘアピンカーブに下る手前のガードレールの端に、「高尾山 → 絶景が待ってま~す」と書かれた小さな板が掛かっている。
ヘアピンカーブに下る手前のガードレールの端に、「高尾山 → 絶景が待ってま~す」と書かれた小さな板が掛かっている
 
反対側には、「生駒縦走 → 交野山(36km)」と書かれている。
反対側には、「生駒縦走 → 交野山(36km)」と書かれている
 
 

4. 高尾山ショートカット~高尾山までの詳細

ガードレールの上側には「↑高尾山ショートカット ただし ヤブコギ あり」と書かれたガムテープが張られている。
ガードレールの上側には「↑高尾山ショートカット ただし ヤブコギ あり」と書かれたガムテープが張られている
 
ショートカット入り口には、廃棄物が投げ込まれており、悲しくなる。
ショートカット入り口には、廃棄物が投げ込まれており、悲しくなる
 
酷く「汚れた道」に入る。
酷く「汚れた道」に入る
 
少し進むと、狭いが、道がしっかり見えるようになる。
少し進むと、狭いが、道がしっかり見えるようになる
 
笹が、段々と多くなってきた。
笹が、段々と多くなってきた
 
何の花か、ユリに似た花が一枝だけ咲いている。
何の花か、ユリに似た花が一枝だけ咲いている
 
笹が多いが、道はしっかりしている。
笹が多いが、道はしっかりしている
 
下界が見える箇所もある。
下界が見える箇所もある
 
基本的には下りなので、ほぼ平坦な道を行く。
基本的には下りなので、ほぼ平坦な道を行く
 
倒木もあるが、問題なし。
倒木もあるが、問題なし
 
笹の背丈が高くなってくる。
笹の背丈が高くなってくる
 
笹のトンネルに入る。
笹のトンネルに入る
 
笹のトンネルを抜ける。
笹のトンネルを抜ける
 
尾根の道になり、右側には鉄パイプでロープが張られている。
尾根の道になり、右側には鉄パイプでロープが張られている
 
尾根の道を行く。
尾根の道を行く
 
又もや、藪の中に入る。
又もや、藪の中に入る
 
前方が開けて来る。
前方が開けて来る
 
高尾山の頂上に到着。
高尾山の頂上に到着
 
頂上にある岩。
頂上にある岩
 
頂上の、岩の上からの眺め。
頂上の、岩の上からの眺め
 
岩場を出来るだけ前に出て、下を覗いてみると何やら屋根が見える。
岩場を出来るだけ前に出て、下を覗いてみると何やら屋根が見える
 
岩場を伝って下に降りてみると、『祠』=【鐸比古大神】(ぬでひこだいじん)があった。
岩場を伝って下に降りてみると、『祠』=【鐸比古大神】(ぬでひこだいじん)があった
 
この祠の前に、狭いが平らになった岩場がある。
この祠の前に、狭いが平らになった岩場がある
 
この「岩場」が、『高尾山 山頂の絶景ポイント』だった。
この「岩場」が、『高尾山 山頂の絶景ポイント』だった
 
正面に、八尾空港。左手には、大和川が・・・天気が良ければ明石海峡大橋も見えるだろうに。
 
頂上を下ったところにある、頂上を支える大きな岩。
頂上を下ったところにある、頂上を支える大きな岩
 
「鐸比古大神」の鳥居の前に降りてきた。ここが、南から高尾山に登る入り口になっている。
「鐸比古大神」の鳥居の前に降りてきた。ここが、南から高尾山に登る入り口になっている。
 
 
「高尾山ショートカットの状況」。
一部藪漕ぎがあるも、道の状態に問題はない。
 
 
参考:恩智越えルート【恩智新道】の詳細。
 
参考:恩智越え【天川道(谷道)】ルートの詳細。
 
 

以上。
(2020.12.13)