【 .gpx 】ファイルを【 .html や .kml 】に変換する方法

2021年1月11日

トレッキングの計画と記録
『轍 Wadachi』
【 .gpx 】ファイルを【 .html や .kml 】に変換する方法

 
『轍 Wadachi』。
『轍 Wadachi』という、無料の「GPSログ活用」ツールがある。
『轍』を使用すると、トラックログの形式を変更したり、『オープンストリートマップ』や『地理院地図』に、シームレスに切り替えて表示することができる。
 
『轍』を使った、拡張子の変換手順。
 
 
 
「地理院地図(標準)」を指定指定した場合の表示
「地理院地図(標準)」を指定した場合の表示例。
 
 

1. 【 .gpx 】ファイルのインポート

『轍』の初期画面。
『轍』の初期画面
 
「ファイル」をクリックして、「インポート」を選択する。
「ファイル」をクリックして、「インポート」を選択する
 
【 .html や .kml 】に変換したい、【 .gpx 】ファイルを指定して「開く」。
【 .html や .kml 】に変換したい、【 .gpx 】ファイルを指定する
 
 

2. 【 .html や .kml 】ファイルのエクスポート

「ファイル」をクリックして、「エクスポート」を選択する。
「ファイル」をクリックして、「エクスポート」を選択する
 
表示されたプルダウンメニューから、変換したいファイル形式を選択する。
 
ファイル名を指定して「保存」する。
ファイル名を指定して「保存」する
 
 

3. 【 マップタイプ 】の変更

【 .html 】に変換する場合、表示させる地図の【 マップタイプ 】を指定することが出来る。
【 .html 】に変換する場合、表示させる地図の【 マップタイプ 】を指定することが出来る
 
「マップのスタイル」欄にある「初期マップタイプ」から、表示させたい地図を選択して、【HTML】でエクスポートすると、表示する地図のスタイルを変更することが出来る。
 
「Open Street Map(本家)」を指定した場合の表示。
「Open Street Map(本家)」を指定指定した場合の表示
 
「Open Street Map(日本)」を指定した場合の表示。
「Open Street Map(日本)」を指定指定した場合の表示
 
「地理院地図(標準)」を指定した場合の表示。
「地理院地図(標準)」を指定指定した場合の表示
 
「地理院地図(単色)」を指定した場合の表示。
「地理院地図(単色)」を指定指定した場合の表示
 
「空中写真」を指定した場合の表示。
「空中写真」を指定指定した場合の表示
 
 

4. トラックの【 色 】設定

【 .gpx 】ファイルをインポートした画面で「トラック」タブを開くと、トラック一覧が表示されるので、該当のトラックをダブルクリックする。
【 .gpx 】ファイルをインポートした画面で「トラック」タブを開くと、トラック一覧が表示されるので、該当のトラックをダブルクリックする
 
「トラックの設定」画面が開くので、表示スタイルの「色」を変更する。
「トラックの設定」画面が開くので、表示スタイルの「色」を変更する
 
この後のエクスポートは、指定された色での【 .html や .kml 】ファイルが出力される。
 
該当のトラックを右クリックしても、同様の設定が出来る。
該当のトラックを右クリックしても、同様の設定が出来る
 
右クリックして開いた一覧から、「プロパティ」を選択する。
右クリックして開いた一覧から、「プロパティ」を選択する
 
同じ様に、「トラックの設定」画面が開くので、表示スタイルの「色」を変更する。
同じ様に、「トラックの設定」画面が開くので、表示スタイルの「色」を変更する
 
【 .gpx 】ファイルは、幾つでもインポート可能で、トラック毎に色を変更して、【 .html や .kml 】ファイルを出力することが出来る。
【 .gpx 】ファイルは、幾つでもインポート可能で、トラック毎に色を変更して、【 .html や .kml 】ファイルを出力することが出来る
 
トラック毎に色を変えて【 .kml 】ファイルを出力し、Google Map に表示した例。
 
 

以上。
(2020.12.28)