トレッキングの装備

2021年2月19日

トレッキングの装備
トレッキングの ウェアや持ち物
 
トレッキングでの食事は『おにぎり弁当』が一番で、山で食べると格別に旨い。そして、食事の後に、ゆっくりと景色を見ながら飲むコーヒーは絶品で、『山でコーヒーを飲むために山に登る』という、中毒症状を発症する。
 
山でミル挽きコーヒーを愉しむ道具一式
山でミル挽きコーヒーを愉しむ道具一式。
 
 
スポンサー リンク

1. 山コーヒーの道具

山で、ミル挽きコーヒーを飲む手順と必要な道具。
山でミル挽きコーヒーを愉しむ道具一式
 
コーヒーを淹れる手順。
【1】お湯を沸かす。
【2】コーヒー豆をミルに入れる。
【3】コーヒー豆を挽く。
【4】ペーパーフィルターを折る。
【5】ドリッパーにフィルターをセットし、挽いたコーヒーの粉を入れる。
【6】コーヒーにお湯を注いでいく。
【7】コーヒーを愉しむ。
 
 
【1】お湯を沸かす。
・ガスバーナー
・コッヘル
・水筒
 
ガスバーナー&コッヘル:JETBOILミニモ。
JETBOILミニモ
 
初心者でも扱いやすく、500ml が 1分30秒程度で沸騰する、驚きの速さで、豆を挽くより早い。専用の五徳も付属している。
 
容量:1.0L。
 
水筒:百均で購入した、透明ボトルを使用。
百均で購入した、透明ボトル
1人=150ml なら、2人分で 300ml なので、400~500ml の水が持参できるようにする。
 
【2】コーヒー豆をミルに入れる。
・キャニスター
・コーヒー豆
 
キャニスター:ナルゲン 細口角透明ボトル 125ml 。
ナルゲン 細口角透明ボトル 125ml
 
このボトルで、2人分ⅹ2回分の豆を入れることが出来る。
 
コーヒー豆:マイルドカルディ。
マイルドカルディ
 
カルディコーヒーファームの看板ブレンド。
1杯あたり約24.8円(10g使用)。
 
 
【3】コーヒー豆を挽く。
・コーヒーミル
 
コーヒーミル:HARIO コーヒーミル 透明ブラック 手挽き セラミック スリム MSS-1TB。
HARIO コーヒーミル 透明ブラック 手挽き セラミック スリム MSS-1TB
 

¥2,118 と、コスパ最高。

すべてのパーツを丸洗いできる245gの軽量ミル。

セラミック製の臼刃を使用しているため刃の耐久性は極めて高く、刃の錆びつき等による劣化をほとんど気にせず使用できる。

 
 
【4】ペーパーフィルターを折る。
・ペーパーフィルター
 
ペーパーフィルター:HARIO V60 用 ペーパーフィルター。
HARIO V60 用 ペーパーフィルター
 

テトラドリップで使用するペーパーフィルターは、円錐型が良い。

ハリオなら、この「V60用 ペーパーフィルター」。

 
 
【5】ドリッパーにフィルターをセットし、挽いたコーヒーの粉を入れる。
・ドリッパー
 
ドリッパー:MUNIEQ Tetra Drip。
MUNIEQ Tetra Drip
ミニマル(minimal)でユニーク(unique)なエクイップメント(equipment)という意味の造語の「MUNIEQ(ミュニーク)」という北海道のメーカーが作っている組み立て式のドリッパー。
板が3枚なので、軽くて薄く、ポリプロピレン素材は柔らかいので組み立てやすい。
 
 
【6】コーヒーにお湯を注いでいく。
・ドリップポット(ケトル)
 ※:スキッター(急須の注ぎ口に取りつけて、水のぼた落ちや後引きを防ぐ小道具)
・コーヒーサーバー
 
KINTO プアオーバーケトル 430ml。
KINTO プアオーバーケトル 430ml
 
JETBOILミニモの注ぎ口は、お湯を狙ったところに細く注ぐのが難しいので、別途ケトルを購入。
 
コーヒーサーバー:スノーピーク チタンシングルマグ「450ml」をコーヒーサーバーにする。
持ち手を元に戻して、完成
 
450mlサイズは「2人分」を淹れることが出来、且つ、冷めたら【直火】で再加熱が出来るのでコーヒーサーバーとして使用。
 
450mlは、JETBOILミニモの五徳にギリギリ乗っかるが、「網」を敷いて使用。
そこで、ステンレスの「網」を間に入れてみると、安定感が【バツグン】に変身する
 
 
【7】コーヒーを愉しむ。
マグカップ
 
マグカップ:スノーピーク チタンシングルマグは、スタッキングが出来る。
スノーピーク チタンシングルマグ
 
300ml、220m の2つに注ぎ、2人で愉しむ。
 
参考:スノーピーク チタンシングルマグ スタッキングと直火。
 
 

2. 山コーヒー携行品

山でコーヒーを愉しむための補助品。
・マドラー:コーヒー攪拌用。
・トーチ:ガスバーナーの着火用(予備)。
・テーブル:デコボコした所で、コーヒー用具を安定して置くために。
・ゴミ袋:コーヒー粕(かす)の処理用として。
・ウェットティッシュ:コーヒー用具を拭き取って後始末。
・ジップロック:濡れたものを持ち帰るために必須。
 
マドラー:ダイソーで購入。
マドラー:ダイソーで購入
 
 
トーチ:SOTO マイクロトーチ ACTIVE ST-486。
SOTO マイクロトーチ ACTIVE ST-486
 

「JETBOILミニモ」には、ボタンを押すだけで着火する“自動点火装置”がついているが、予備として、携行。

燃料は充てん式で、カセットガスからも充てんできる。

 
テーブル:CAPTAIN STAG アルミ ロールテーブル M-3713。
CAPTAIN STAG アルミ ロールテーブル
 
幅400 × 奥行290 × 高さ120mm。
重量(約)700g と、少し重いが、¥1,473 と、一番安価。
 
ゴミ袋、ジップロック:ダイソーで購入。
ゴミ袋、ジップロック
 
ウェットティッシュ。
ウェットティッシュ
 
 

3. 装備『三種の神器』

登山の『三種の神器』とは。
①.登山靴:
 足にあった登山靴を選ぶと、山歩きの疲労を軽減し、「足」をしっかり保護する。
②.ザック:
 登山に必要な荷物を収納し、背中に担ぐ。容量や身体に合ったものを選ぶ。
③.レインウェア:
 体を濡らさず低体温症の危険から身を守り、且つ、気候の変化にも対応。
 
 
登山靴:monbell ティトン ブーツ ワイド ダークオレンジ
登山靴:monbell ティトン ブーツ ワイド ダークオレンジ
 
ティトン ブーツは、軽量で柔らかい。
ミドルカットのブーツに替えて、【下りで、足のつま先が痛い】問題が解決した。
 
 
リュックサック:ZERO POINT。
リュックサック:ZERO POINT
 
着替え入れ:オルトリーブ ドライバッグ PS10 バルブ付 22L。
着替え入れ:オルトリーブ ドライバッグ PS10 バルブ付 22L
 
バルブ付きモデルで、ロールクロージャーを閉じた後でバルブをオープンにすれば、内部の空気をスムーズに抜くことが出来、圧縮袋のように収納することが可能。
二人分のアンダーウェアの着替えを入れるために購入したが、22Lでは大きすぎた。12Lで十分。
 
 
GPSナビと写真撮影。
・スマホ:スマホのアプリでナビし、スマホで写真を撮る。
・モバイルバッテリー:スマホの充電用。
 (GPSナビを使いつつ写真を多く撮るとバッテリーが持たない)
 
スマホ:スマホを充電しつつ、スマホをナビとカメラにする。
スマホを充電しつつ、ナビとカメラにする
 
 
モバイルバッテリー:Anker PowerCore 10000 Redux ( 10000mAh )。
Anker PowerCore 10000 Redux ( 10000mAh )
 
大容量なので、安心してスマホが使用できる。
 
手袋ホルダー(ワークマン-マルチフック)。
手袋ホルダー(ワークマン-マルチフック)
 
手袋ホルダー(ワークマン-マルチフック)
 
 

4. ウェア

準備中。
 
 

5. 行動食

エネルギー補給 と 疲労回復。
ロードバイクでは「ハンガーノック」と言ったが、山では「シャリバテ」と言うらしい。
この対策も、前者は「補給食」、後者は「行動食」と、用語が異なる。
両者とも水分補給は基本であるが、ロードバイクにおける補給食は、走りながら食べる場合が多いが、山での行動食は、座って「食べる楽しみ」を味わいたいものである。
 
「甘い」行動食:きなこもち。
きなこもち
 
 

以上。

 
 
スポンサー リンク

Posted by tacsan